鶴見川CRで綱島から多摩川CRへ

夏の暑さの中で走っている時は「冬になったら暑くなくて走りやすいんだろうな」って思ってましたが、寒くなった今思うのは「暑かった夏が恋しい」って事です(笑)
サイクリングは暑いよりも寒いほうがツライと感じます、走り終わった後や休憩中の爽快感も冬は感じられませんし・・花粉症なので春もキツそう(汗)秋が一番!でしょうか?

さて、本題に。。
寒いけど天気が良くて時間も取れたので、久しぶりに鶴見川サイクリングロードを走ってみました。
で、綱島(大綱橋)まで行って綱島街道で「丸子橋」へ、そこから多摩サイで帰ってくるというコース。
「鶴見川CRで新横浜、綱島」と同じコースです。前回は9月下旬でまだ暑かったけど。

▼走行距離は76.39km

より大きな地図で 鶴見川CR→綱島街道→多摩川CR を表示


まずは、浅川サイクリングロードを少し走って関戸橋へ、関戸橋まで多摩サイでもOKなんだけど帰り道が多摩サイなのであえて浅川CRを使う。


関戸橋からは一般道を走行、鶴見川を目指し多摩センター通りを経由、鎌倉街道で町田市の「小野路」方面へ向かいます。
鎌倉街道は交通量が多くはなく、車線が広いので走りやすいです。

「小野路交差点」を超え、綾部原トンネルを抜けると「新袋橋交差点」に到着、そこから鶴見川サイクリングロードへ入ります。

前回来た時に、新袋橋の次の「袋橋」の側に「宗家源吉兆庵」っていう和菓子屋さんがあったので、今回はそこで”どら焼き”でも買って途中で食べようと思ってたのに閉店してました(泣)


少し走ると、鶴川街道「下川戸(しもかわど)橋」の手前の駐車場に三輪トラックが止まってます。
良くTVなどで見かける小さなオート三輪ではなく、荷台が長く駐車枠からはみ出しています。

調べてみるとマツダのT2000という車種らしいです。

「マツダT2000」
水冷直列4気筒1985cc、全長6.08m、全幅1.84m、荷台長4.08m
全長6.08mながら最小回転半径5.93mと小回りが利く為、現在でも幅広い分野で活躍している。
三輪トラックでは最速の100km/hを誇る。
1974年の受注生産打ち切りまで、10年以上生産された。そのため、オート三輪の中では現存数も多い。


自歩道と車道併用を混ぜながら川沿いに進むと、未舗装の部分があります。
100m-200m程度なので徐行して進めば問題ないですが、並走する横浜上麻生道路(神奈川県道12号)に迂回するのもアリです。


横浜市に入ると「常盤橋」から先が「鶴見川青少年サイクリングコース」となります。
ここからしばらく舗装状態がイマイチですが・・



鶴見川のマスコットキャラクターはバクみたいです、ココから先の看板など所々に現れます(笑)
鶴見川は谷本川(やもとがわ)とも呼ばれるようですね、なんで?


東名高速の高架を過ぎてしばらく行くと横浜市営地下鉄グリーンラインの川和車両基地になります。
この電車庫の地下は大雨の時に河川の流水を一時的に貯留することで浸水被害を軽減させるための施設「川和遊水地」になっているそうです。


新横浜プリンスホテルや日産スタジアムの対岸部分は、300m程度の未舗装区間があります。
迂回するには「小机大橋」を渡り右岸側のスタジアム前を通る車道で、次の「亀の甲橋」行けばOKです。


横浜市営地下鉄の新羽(にっぱ)車両基地基地の対岸に「ヨコハマ3R夢」という大きな看板があります。
怪しげな店の看板みたい(笑)ですが横浜市のゴミを減らす計画のプラン名らしいです。


広くて平滑な舗装の快適過ぎるサイクリングロード(自歩道)を強烈な向かい風にめげずに走る


中間目的地である「大綱橋」に到着
誰もいない橋の下に前後にカゴを装備したママチャリがビシっと止まってます・・盗難車でしょうか?

ここから綱島街道で多摩サイ「丸子橋」に向かいます。


今では信じられませんが、綱島駅周辺は戦後まで東京の奥座敷とも呼ばれた大きな温泉街だったらしいですね。
その名残ともいえる綱島ラジウム温泉「東京園」が鶴見川のすぐ側にあります。


綱島街道を東急東横線に沿って、慶應義塾大学の日吉キャンパスなどを通過しつつ5kmほど走ると神奈川と東京の県境となる「丸子橋」に到着。
ここから多摩川サイクリングロードで上流へ走ります。


いつもと変わらない多摩サイを向かい風の中ひたすら走ります・・
まもなく帰巣となる中央高速の手前、もろサイクリングロード沿いに「国立温泉 湯楽(ゆら)の里」という施設が先月(11/24)にオープンしました。


自分は家が近いのでアレですけど、サイクリング途中で入浴ってのも良いかもしれませんね。
羽田方面から来る人はココを目的地に設定するのも良いかもしれません。


キャットアイ(CAT EYE) VELO8 US EDITION CC-VL810に表示された距離は76.39kmでした。

カテゴリー: サイクリング | プレトレ(プレシジョントレッキング) | 多摩川 | 自転車 | 鶴見川
タグ: | | |
ブックマークURL: http://run.desuca.net/2011/12/2286/
人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)