ロードバイクにフロントバッグ、リクセン化

「ロードでも やっぱり欲しい フロントバッグ」

って事で・・・フロントバッグ付けてます。

ロードバイク購入直後につけていましたが特に記事にしませんでした。

ですが、ホームページやツイッターで写真を見た方から

直接メールで質問を受ける事が結構あるので記事にします。

バッグはドロップハンドルでは定番ともいえる「モンベルのフロントバッグ

モンベル フロントバッグ リクセンカウル BASIL

バッグは重量的にも、走行性能的にも、見栄え的にも付け無い方が良いんでしょうけど

基本的に「のんびりサイクリング」なので気軽に綺麗に写真撮りたいんですよね。


適当に撮ってもソコソコ綺麗に撮れるし、RAWで撮っておけば後で修正しても綺麗ってことで

自分が持ち歩き(持ち走り)たいのはミラーレス一眼なんです。

一眼レフはさすがに大きいし扱いがデリケートになってしまいます。

コンデジでも大きなセンサーと明るいレンズで高画質かつRAWでも保存できるものもありますが

その手のモノは凄ーく高いんですよ(汗)



例えばSONYの高級コンデジ「RX100 IV
コレ凄く欲しい!!でも買えない・・
エントリークラスのロードバイク買えちゃいます。

コレなら背中のポケットにも入ります。
その場合は防水じゃないので汗対策が必要ですが・・・

ミラーレス一眼は結構なビックリ価格で売ってますからね、普通のコンデジより安いものあるし。

ちなみに自分の使っているカメラは
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL6

以前使っていたE-PM2が故障しちゃって
修理代のほうが買うより高い(汗)ってことで
ボディだけ買い換えちゃいました。

綺麗に撮れますよ!

で、カメラがすぐに出せて便利なのは「トップチューブバッグ」か「フロントバッグ」

ただトップチューブバッグは大きさ的にはコンデジ用ですね。


プレトレでもフロントバッグ「フロントバックを購入、イベラ IB-HB2」を付けていましたので

コレを共用で使おうかと思ったんですが、ちょっと大きくて重いので

ロードバイク(ドロップハンドル)には定番の「モンベル フロントバッグ」なわけです。


このバッグはストラップでハンドルバーに付けるようになっています。

mont-bell


デザイン的にも収まりが良いですし、走っていてもズレも少ないです。

でも、ハンドルが握りずらいですし、なにより取り外しが面倒・・・

食事やコンビニ休憩などですぐに外せないのは不便ですよね。

なので、これまた定番の「リクセン化」を行いました。

リクセン化っていうのは、リクセンカウル社のバッグに採用されているアタッチメントを

他のメーカーのバッグでも使用できるようにする事。

リクセンカウルはバッグ側のアダプタープレートを別売りしています。


RIXEN&KAUL アダプタープレート KM811

これさえ付けてしまえばどんなバッグでも
ワンタッチで取り外しが出来るようになります。

が!ココで問題が・・・
このバックプレートが結構な人気で品薄状態なんですよ。
実店舗では中々見かけないし、ネットでも強気の定価もしくはプレミア価格です。

でもね、庶民の味方お安い社外品が存在します!


BASIL(バジル)クリックフィックス アダプタープレート

ちょっと純正とは形状が違いますが
アダプター部分は全く同じなので問題なく付きます。
お値段は純正の半額以下です(ネットで1000円くらい)
これさえあればどんなバッグもリクセン化できます!

あ、一番大事なのはコレですね。
コレをハンドル側に付けてそこに「カチッ」とアダプターを付けたバッグをはめるわけです。
さすがにコレはリクセンカウル純正のものを使います。社外品もあるようですが・・

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント (31.8mm対応) KF852

ハンドルの太さ(直径)によって2種類あるので注意です。
ママチャリなど一般的には25.4mmが多いですしプレトレもハンドルは25.4mm使っています。
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント(25.4mm対応)KF810


リクセン化 リクセンカウル 社外アダプター バジル
で、安定のネット通販で届きましたよ。
合わせて3500円くらいです。

この2つさえ揃えてしまえば、どんなバッグでもプレートを付けすればワンタッチ取り外し可能なフロントバッグになるわけです。

BASIL(バジル) クリックフィックス アダプター プレート ブラック 014310 RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント (31.8mm対応) KF852
左がバジルのプレート、右がリクセンカウルのアタッチメント
写真には映ってませんがバジルのプレートには固定用のネジが付属しています。

さてバッグにプレートを付けていきます。
加工にはキリ(穴あけ&目印付け)が必要、穴あけ用にドリルがあればもっと簡単です。

モンベルフロントバッグ リクセン化
まずはバッグの背中部分にプレートをあてて位置を決めます。

まぁ位置は適当で問題ないと思いますが・・・
フレームによってはバッグ底面とタイヤが接触する可能性もあるので、ハンドルアダプターを先に取り付けプレートを両面テープで固定し、実際に位置合わせなどしたほうが完璧でしょう。


モンベル リクセン化 ad55
モンベルのバッグ内には変形防止のプラスチック製のプレート(取り外し可能)があるので
そこに穴をあけ挟み込むようにとりつければしっかり固定されるのでOKです。
※内部に硬いプレートがないバッグの場合には何かしら加工して取り付け部分の強度を出さないと
生地を挟み込むだけでは使用中に取り付け部分が破けると思います。


モンベル リクセン化 バジル
はい、無事に貫通させてネジも出てきました。

穴はバックプレートで隠れてしまうので
汚くても実用上は何も問題無いです。
アバウトに開けちゃいましょう(笑)


モンベルフロントバッグ リクセン化 バジルBASIL
プレートを取り付け完成です。

えーとアバウトにやった結果・・・
ちょっと生地が引っ張られて
シワ寄っちゃってますね(汗)

このあと外して穴位置を微調整しました。
アバウト過ぎに注意です(笑)


モンベル フロントバック リクセンカウル
バッグを付けた状態です。

ハンドルのどこを持っても
バッグに接触する事はありません。
シフト操作もブレーキ操作も全く問題なし。


モンベル リクセン化 フロントバック
バッグを外した状態ではアダプターが目立ちます。
ただ自分はこの状態で走る事はまずありませんので問題有りません。

※イベントによってはこういったものは装着禁止なのでそういう場合にはアダプターは外す事になります。


実際のバッグの使用感は最高です、走っていてズレる事もないですし
ガッチリしているので振動でどうにかなってしまうような不安感も皆無です。

ハンドルが重くなるのと重心位置が変わるのでハンドリングが変化します。
良く言えばマイルドで安定したハンドリングに、悪く言えば曲がりにくくなります。

最初は少し違和感があるかもしれませんが、慣れれば何も問題無いですし、とにかく便利。

カテゴリー: パーツ | ロードバイク(SCOTT スピードスター20) | 自転車
タグ: | | | |
ブックマークURL: http://run.desuca.net/2015/11/13776/
人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログへ

コメント 5件
ロードバイクにフロントバッグ、リクセン化

  1. るぅ♪ のコメント:

    今更ながらナショランに真似させてください~\(^o^)/

  2. BJnet のコメント:

    ロードバイクに、ママチャリのようなカゴがあればなと思っていました。
    フロントバック!そうか、その手があったか!という感じです。。。

  3. baoh のコメント:

    > ももんがサン
    このバッグは見かけより多く入るのが良いですよね。
    デザインは旧型のほうが良かったです、新型は軽量化されていますが安っぽい感じ。
    それに新型は耐久性が低いような・・・既に型崩れしてきています。

  4. ももんが のコメント:

    モンベルバッグいいですよね。
    私も使ってます。(新旧とももってますよ)
    ただ問題はストラップ。結構めんどくさいんですよね。
    プレート改造とは思いつかなかった。結構使いやすそうですね。
    私はストラップをマジックテープに交換して使ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)