漢だらけの山登り大会(梅ノ木峠、入山峠)

ゴールデンウィークの「昭和の日」

ロードバイク4台とプレトレ1台で、ちょっとした山々を走ってきました。

東京屈指の激坂「和田峠」にアタックする前の練習という名目で

そこそこキツイ斜度を誇る「梅ノ木峠」と走りやすく展望も期待できる「入山峠」で練習。
チームプレトレ

メンバーは後ほど紹介しますが、マジメ過ぎずフザケ過ぎ無い(笑)
そして速過ぎず遅過ぎない(笑)イイ仲間です。

祭日という事で混みあう多摩サイは極力通らないルートでご案内しました。
2015年4月29日 梅ノ木峠、入山峠

2015年4月29日 梅ノ木峠、入山峠


まずは多摩サイ日野橋で車載参加の「さかけんさん」と合流

ちょっとだけ移動して「立日橋」で「ウッチーさん」「ふらっくさん」「るぅさん」と合流です。

梅ノ木峠、入山峠
梅ノ木峠に向かう都道では

ウッチーさんが引っ張る。

あれ?速度が速いぞ?

峠までは足を貯めまくる予定なのに(笑)


梅ノ木峠、入山峠

梅ノ木峠に登る前のラストコンビニ、かやくぼ交差点のセブンイレブンで休憩!
ここで各々が補給しつつ40分以上も立ち話・・・休憩ってレベルじゃない(笑)
でも、ここまで結構マジメに走ったよね、恒例の集合写真もココで撮りました。
右からご紹介
・るぅさん JAMIS XENITH「プレトレとXENITHと私♪
・UcchyTさん GIANT TCR1「ゴジュウカラblog
・自分 SCOTT SPEEDSTER「走るんですか?
・さかけんさん Panasonic FSS4 「チャリとギターとクルマと日記
・ふらっくさん 鉄プレトレ8速「ふらっく プレトレのブログ

梅ノ木峠
さて、長い休憩を終え・・・

まずは梅ノ木峠へと続く道に入り

つるつる温泉まではノンビリ走ります。

るぅさん、ウッチーさんは先に行ったけど。


梅ノ木峠
自分が通る時はいつも休みの自転車屋さん

「Cycle gallery RIN」

今日はやってました。


梅ノ木峠
で、つるつる温泉に到着
最初に到着していたウッチーさん
2番めに到着していたるぅさん
二人に迎えられました。

ここまで完全に足を貯めてきました(笑)
とは言っても、つるつる温泉手前の坂で
息切れしちゃってますけどね・・・


つるつる温泉で休憩しつつ、いつものコーラを買おうとしたら・・・
コカコーラの自販機が故障中!ちょっと早く直してくださいよ!
仕方なく別の自販機で梅ソーダを買う。ウッチーさんが勝手に「梅ノ木ソーダ」と命名(笑)

梅ノ木峠
梅ノ木峠へ登りはじめました。
ウッチーさんはすぐに視界から消えた・・

その後をふらっくさん、るぅさんが追う。

自分はその2人をマークしつつ続く。
最後にスプリントかけて抜いてやろうという作戦(笑)

さかけんさんは撮影タイムで後方支援。

写真はココまで・・・斜度が増してくると写真撮ってる暇ないし(笑)
で、上の写真ではシッティングの「ふらっくさん」ですが、つるつる温泉から先の2.7kmを
ほぼダンシングで登ってました!車重16kg以上、フロントシングル42t、リア32tですからね。
カゴ付きプレトレでの登坂はダンシングでクリアするのが「ふらっくの流儀
るぅさんは蛇行作戦で登っていきます。

梅ノ木峠 梅ノ木峠
はい「梅ノ木峠」に到着。ウッチーさんは梅ノ木ソーダを飲みながら待ってました。
で、最後のスプリントですが仕掛けどころを誤ったか、ふらっくさんは捉えたものの
るぅさんは捉えられず・・・もうひとつ手前から仕掛けるべきだったか・・・

っていうか「ふらっくさん」カゴ付きのプレトレで足付き無しで梅ノ木峠制覇しちゃった。
恐るべしフルダンシング走法!足どうなってんだろ?

P3200633-300
見晴らしはイイんですが
相変わらずの送電線っぷりです。

集合写真を撮る。

さて、梅ノ木ソーダでも飲みますかね
と思っていると・・・


梅ノ木峠 梅ノ木峠
るぅさんが背負っていたバックパックから何やらゴソゴソと・・・え?コーラじゃない?
しかも1.5Lですよ(笑)ラストコンビニで仕込んでいたらしい、紙コップまで用意してる。
梅ノ木峠でスピスタに置かれた1.5Lのペットボトル(笑)こんな写真は2度と撮れまい。

梅ノ木峠 つるつる温泉のバス
梅ノ木峠は風が強く寒くなってきたのでサーっと下る。
次の目的はコンビニのイートインコーナーで昼食!自分的にはカフェ飯より落ち着く(笑)
で、コンビニでは各々が「飲む、喰う、話す」で大休憩。いや楽しいっすね。

入山峠 入山峠
コンビニを出発した一行が向かうのは「入山峠」
雲が少なくなって青空がキモチイイ、入山峠には絶景ポイントがあるので雲は消えて欲しい。

入山峠 入山峠
新緑が美しくコントラストが鮮やか、急に視力が良くなったような気になる。
林道盆堀線の入口で一旦休憩、ここから入山峠まで各自のペースでって事で。

入山峠 入山峠
スタートしてしばらくは皆一緒に走っていたけど、ウッチーさんが林道へと消えていった。
その後ウッチーさんを見たものは居ない。。。あ、もちろん入山峠に居ましたけどね(笑)

入山峠
入山峠に到着

この前1人で登った時よりキツかった!
梅ノ木峠に登った後だからかな。
もう峠は越えられないだろう、

峠は1日ふたつまで!
コレを家訓にしようと思う(笑)


入山峠 入山峠
入山峠の頂上は殺風景なので休憩を済まし、八王子側へと下り絶景ポイントまでご案内。
相変わらずのいい景色、やっぱり峠には絶景が必要だよね。

入山峠 入山峠
最高の景色の中を走るのは本当に気分がイイ。
左上の写真は斜面に沿った道を走るキモチイイ区間、楽しそうに下りてくる「ふらっくさん」の後ろ。
黒いウインドブレーカーを着て追走する「ウッチーさん」もはや「小菅 守」にしか見えない(笑)
※「小菅 守」っていうのはロードバイクを主体にしたマンガ「かもめ☆チャンス」の登場人物です。

入山峠 入山峠
トンネルを抜け、景色の良い区間を抜けつつ峠を下る。
梅ノ木峠よりは路面状態が良いけど狭めなのでゆっくり下りる。

夕やけ小やけふれあいの里
夕やけ小やけふれあいの里で休憩

ここに来るまでに「醍醐林道」「和田峠」
この2つの入口をご案内。

ふらっくさんがアタックする日は近い。
「ふらっくの流儀」として特番を組みたい(笑)


陣馬街道
休憩を済まし陣馬街道を下る。

ちょっと夕方になってきちゃった。
話す時間が長いのかな?

でも楽しいんだから仕方ない(笑)


浅川サイクリングロード
夕方でクルマの多そうな陣馬街道を離脱

浅川CRの始点まで都道を走る事にした。

こっちのルートは坂はあるけどデザート気分。

浅川は「長房ふれあい端午まつり」開催中
鯉のぼりが綺麗です。


チームプレトレ

「漢だらけの山登り大会」に相応しい鯉のぼりをバックにした集合写真。
この場所は2014年の年末にも皆で撮った場所。
その時はロードバイクは2台だけで、プレトレが5台揃っていた。

↓これがその時の写真
プレトレ改造

あっという間にロードバイク率が高まったけど、皆さん変わらずプレトレも所有しているので
プレトレ縛りで集まるっていう企画を今年中にやりたいものですね。

この後は浅川CRをひたすら走るのみ。
車道となる区間では先行して速度を上げて引いてみますが・・・ふらっくさんも普通に追走してます。
うーん、彼がロードバイクに乗ったらどうなるのだろうか?
るぅさんもうっちーさんも時折スプリント合戦を繰り広げているし、まだ余裕かな?
さかけんさんは終始マイペースを貫く、コレが長距離走行には必要なんだよね。
スポルティーフ乗りに相応しい見事な走り方ですなぁ。

2015-4-29_88.63km
浅川CRが多摩川に合流する前に
うっちーさん、ふらっくさん
るぅさんの3人と別れる。
さかけんさんを車載ポイントまで案内

この日の走行距離は88.63km
とても楽しいサイクリングでした。

皆さん、お疲れ様でした!また一緒に走りましょう!

カテゴリー: ロードバイク(SCOTT スピードスター20) | 峠、坂道 | 自転車
タグ: | | |
ブックマークURL: http://run.desuca.net/2015/05/14341/
人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログへ

コメント 4件
漢だらけの山登り大会(梅ノ木峠、入山峠)

  1. るぅ♪ のコメント:

    今回も楽しい会をご一緒できて感無量です♪
    初めて梅ノ木連れていってもらった時より数倍ラクに登頂できました!
    (あの時は恥ずかしいくらいダメダメでしたものw)

    少しずつ坂アレルギーは解消しつつありますが、、、
    やっぱ坂はキライですね(^_^;)

    うしかしウッチーさんからは「饅頭怖いと同義だ!」なんて言われてるので、ひょっとしたら…いやナイです(笑)

    まご一緒しましょ~ヽ(*´▽)ノ♪

    • baoh のコメント:

      >るぅさん、どうもです。
      コーラの仕込みが完璧でしたねぇ(笑)
      ウッチーさんは別格として、るぅさんも登るの早くなってるし。。。
      精進しないといけませんなぁ。
      また行きましょう!

  2. baoh のコメント:

    >Ucchy-Tさん、どうもです。
    今度はもう少し早い時間からスタートして、より多く楽しみましょう。
    真夏になる前に行きましょうね!

  3. Ucchy-T のコメント:

    スピッ!
    小菅 守いただきました〜
    それにしても本当に楽しかったですね!
    なるほどマジメとフザケのバランスってとっても大事なことかもしれません。
    そういう意味では今回梅の木だけだったら、あとフザケるしかなくなるので、峠2つでちょうど良かったんじゃないでしょうか。
    もし一本だったらぐうの音も出ないような激坂ぐらいじゃないとね…
    (^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)