5代目「自転車名人」決まる!

決まりましたね、5代目の自転車名人。5代目自転車名人は「谷垣禎一(さだかず)」さんです。
まさか現職の法務大臣に決まるとは思いませんでした(笑)

谷垣大臣は政治家屈指の自転車好きで、日本サイクリング協会会長、 自転車活用推進議員連盟会長などを務めてきた人だし、多摩サイなどでデローザを乗りこなすローディとしても有名。

5代目 自転車名人 谷垣禎一さん

「自転車名人」は、自転車活用の模範となる著名人からの選出って事だから、
谷垣さんは適任とも言えるけど本業が忙しそうだよね(笑)
個人的には安田大サーカスの団長安田さんかと思ってましたけどね。

▼ 歴代自転車名人
初代 忌野清志郎 (2005年)
2代目 鶴見辰吾 (2007年)
3代目 勝間和代 (2009年)
4代目 片山右京 (2011年)
5代目 谷垣禎一 (2013年)

3代目と5代目はちょっと雰囲気違うよね(笑)

でも現役与党の法務大臣ですからね。
他の省庁に働きかけて自転車の環境改善に力添え願いたいですね。

交通ルールの徹底、自転車とクルマが共存できる道路整備。
あと出来るならばサイクリングロードの整備だなぁ。

現状サイクリングロードは「自転車排除」の流れが出来ているけど
排除するのではなく歩行者もジョガーも自転車も共存できるように整備して欲しいなぁ。

主にサイクリングロードっていうのは河川沿いの土手が多いと思うんだけど、
そういう場所では何らかの方法で「通行料」もしくは「通行税」を徴収すれば良いと思う。

例えば、多摩川だって魚を釣る時には、釣れる釣れないに限らず「入漁料(遊魚料)」を払います。
コレ意外と知らない人が居るんですよねぇ。中には払わないように逃げまわる人も居ます(汗)
確か、多摩川の場合は年間8000円とかだったと思う。

ちゃんと払う人もいれば、払わない人もいるでしょうけど・・・
自転車も同じくらいの金額を取れば良いんじゃないかな?

盗難登録とセットで払うようにするとか、自賠責保険みたいなのとセットにするとかさ。
ただ釣りと違って自転車の場合は都道府県を跨いで移動する場合あるからね
全体的な「道路使用税」ってほうが良いかもしれないな。

自転車は車道を使うわけだし、サイクリングロードも使う、
これらは税金で整備されているわけだから「税金」を負担すべきなんだよね。

そうする事によって「自転車は車両」っていうのがハッキリするから
マナーアップや安全意識の向上にもつながるんじゃないかな?
信号無視、逆走、スマホ弄りながら、耳を塞いで音楽聞きながら、などなど
あまりにも「無謀」「適当」「いい加減」に自転車に乗っている人が多すぎる!

カテゴリー: ボソっと投稿 | 自転車 | 雑記
タグ: |
ブックマークURL: http://run.desuca.net/2013/11/10428/
人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログへ

コメント 2件
5代目「自転車名人」決まる!

  1. 降水確率20パーセントっていうのは,土砂降りの通り雨に2回会うことなのかしら?
    などという自分ネタは自分のブログに書くとして,個人的に思っていることを2つほど。
    まず,自転車の有料道路ってあってよいのではないかと思います。気持ち良く,安全に走れるのであれば,多少(自動車の高速料金みたいになっては躊躇しますが・・・)の支出はあっても,走りたくなるんじゃないかなぁと思います。
    それから自転車税ってどういう方法でかけるのかっていう問題はあるのですが,例えば,防犯登録を義務性にして,防犯登録がされている限り,税金がかかるというシステムにすれば,悲しい乗り捨て自転車が減るのではないかと思いますが,盗難にあった時の登録解除方法をきちんとしておかないと少し難しいかもしれませんねぇ。
    とはいえ,自転車の乗り捨て文化がなくならなければ,実現は遠いような気もしています。

    • baoh says:

      >フルカワヒロミ さん。
      ほんと天候が不安定ですよね。
      カラっとした秋晴れの日のサイクリングが出来ないまま冬が来てしまいそうです。

      自転車税にしても自転車専用道路にしてもお役人サンたちは腰が重いですからね。
      でも新たな特殊法人が出来れば喜ばしい方々も結構居そうですけどね(笑)